ペルセウス座流星群2019(島根)はいつ?方角や時間帯を調査!

今年もあの時期がやって来ます!!

そう!
夏の空に瞬く流星群
『ペルセウス座流星群』の時期が♡

 

今日は、2019年の『ペルセウス座流星群』について調べてみようと思います!




スポンサーリンク

ペルセウス星座流星群はいつ?

ペルセウス座流星群は、
とても観察しやすいのが特徴
条件次第では、最大で40個以上の流星を見ることができる夏の流星群です!

 

毎年8月12日、13日頃を中心に
活動するペルセウス座流星群ですが

2019年は8月13日16時頃に流星群の活動が
最も活発になる”極大”を迎えるそうです!

 

しかし、今年は8月15日が満月のため、
明るい月明かりの影響はほぼ一晩中続くそうです。
風情ある満月ですが、流星を観察するにはよくない条件に…

 

ただし!
条件の良い時間帯もあります!

多くの流星を見ることができるのは、
8月11日の夜~8月13日の夜までの3夜
予想されていて、その中でも特に
12日の夜に最も多くの流星が出現すると予想されます!

 

この3日間は、夜半頃(およそ午前0時の前後30分)
から流星が出現するようになり、だんだんと流星の数が多くなるそうです。
見られる流星の数は最大で1時間あたり10個程度の観測と予想されています。

 

ペルセウス座流星群の極大を迎える時間帯
は日本は夕方頃ですが、ペルセウス座流星群が
見られるとなったら、日本で最も見ることが
できる方角と時間帯が気になりますよね(^^)/

夏休み時期だし、お盆期間なので
ペルセウス座流星群を見たい方が多いはず!

私もちゃっかり流れ星にお願いすることを準備してますww

 

ペルセウス座流星群の方角は?


引用:国立天文台

 

ペルセウス座流星群は夜空のどこでも見えます!!

 

上の図のように、流星群は北東に位置している
放射点があるペルセウス座の周辺のみに
出現するわけではなく、
放射点を中心に四方八方に流れるため、
夜空のどこにでも現れます。

放射点とは反対の方向にいても、
北東の方角にいなくても、
夜空を見渡せばどこにでも現れます!!

 

どこでも見れるのは嬉しいですよね(´∀`)
夜景も綺麗なスポットとか
田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家とか
いろんな所でペルセウス座流星群が見れますね♪

私は、家の近くで見れたらいいな~
なんて思う人なので…ww
どこでも見れるのは嬉しいです!w

私のように家の近くから見たいな~
って思っている方も嬉しい情報ですね(゚∀゚)

2018年は家の近くで、ずっと空を眺めていたら
キラキラ輝くペルセウス座流星群を見ることが
できて感激しました~!!

 

【観察のポイント】
♦街明かりの影響が少ない場所
♦暗闇に目が慣れるためにも最低15分間は観察を続けること

 

スポンサードリンク




ペルセウス座流星群の時間帯は?

国立天文台(NAOJ)の予想をみてみると…
日本で最も見れるのは

多くの流星を見ることができるのは、
8月11日の夜~8月13日の夜までの3夜と
予想されていて、その中でも特に
12日の夜に最も多くの流星が出現すると予想されています。

 

そんな中でも、8月13日(火)
月が沈んだ後から空が明るくなり始める前の
1時間程度は1時間あたり30個程度という、
多くの流星を見ることができる可能性もあるそうです。

時間にすると、0:00~4:00くらいの間頃だと思います。

 

観測時の天気は?

ペルセウス座流星群が見れるかどうか
その時間帯の天気も気になりますよね!

8月の天気予報を調べてみると、
8月11日(日)~13日(火)の島根県の天気は
”晴れ”になっています。

このまま天気が移り変わらない場合は
観測しやすい天気ではないでしょうか!

 

夜が楽しみですね(´∀`)
この時期にしか見ることが出来ない
ペルセウス座流星群、是非見たいですよね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
夏の流星群
『ペルセウス座流星群』の
・観測時期
・観測の方角
・観測の時間帯
・天気
についてまとめてみました!!

2019年のペルセウス座流星群、めっちゃ楽しみですね(*´ω`*)
みなさんで流れ星にお願いごとしましょう♡

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました