ふたご座流星群2019はいつ?広島県の方角やピーク時間帯まとめ!

三大流星群の1つで毎年ほぼ一定して多くの流星を
見ることができる”ふたご座流星群”

12月の夜空に輝く流星群としても人気ですし
一晩に見られる数では年間最大を誇ります。

 

そこで今回は、2019年の『ふたご座流星群』が
広島県で見れる日・方角・時間帯について調べてみます。

 




スポンサーリンク

ふたご座流星群はいつ?

ふたご座流星群の一般的な出現時期は、

12月4日~12月17日頃

12月中旬に入るにつれて流星の数が増加します。
しかし「極大」を過ぎると急に流星数が減る傾向
にあるので、ふたご座流星群の見ごろは「極大」
に付近ということになりますね(^^)

 

ぺんちゃん
ぺんちゃん

ところで「極大」って何だろう?

どういう現象なのかも気になるし、いつが「極大」なのかも気になるね!

 

にゃんた
にゃんた

流星群自体の活動が最も活発になることやその時期のことを「極大」と言うんだよ!つまり、ふたご座流星群が1番キレイに見れる時だね!

 

2019年のふたご座流星群が最も活動するのは
「極大」は12月15日4時頃になると予想されています。

しかし、今年のふたご座流星群の時期には
下弦前の明るい月が一晩中空を照らしているため
観察の条件は良くないとも言われています。

 

”今年はふたご座流星群を見るのは難しいのか。”
”見てみたかったのになぁ~。”
などと、ここまで読まれた方は落胆気味になったかもしれません。

 

決して見ることができないというわけではないんです!

月明かりが流星群を隠してしまうから
月の影響がない年に比べると、見ることのできる流星の数が
大きく減ってしまうということなんです。

風情のある月ですが、流星群を観察するには
その輝きが流星群の光を邪魔してしまうんですね(・・;)

 

月明かりの影響を受けてしまう2019年の
ふたご座流星群ですが、観察するのにおすすめな日
は、2019年12月15日(日)に日付が変わる頃から15日の
明け方にかけてとされています。

ふたご座流星群が最も活動する「極大」が
12月15日4時頃の予想なので、日付が変わる頃から
明け方にかけてはたくさんの流星群が輝きを
放って活動しているのではないでしょうか。

 

おすすめは15日ですが、
他にも観察するのに条件の良い日があるので
こちらも参考にしてみてください(^^)

*2019年12月14日(土)の夜
12月14日の夜は、ある程度の数の流星が見える
と予想されており空の暗い場所で観察すれば最大
で20個程度の流星が見えるとされています。

 

*2019年12月13日(金)の夜
12月13日の夜も普段より多くの流星を見ること
ができると予想されています。

 

 

ふたご座流星群の方角は?

引用:国立天文台

結論から言うと、

ふたご座流星群は夜空のどこでも見えます!!

 

ふたご座流星群は放射点を中心に放射状に出現する
ため、流星は放射点の付近だけに現れるのではなく
夜空のどこにでも現れます。

ちなみに「放射点」とは、
流星の軌跡を逆向きに延長したときに通る点のことです。
例えば、放射点とは反対の方向を見ていても、平均すれば、放射点の方向を見たときと同じ数の流星を見ることができます。

 

ですから、放射点の方向にはあまりこだわらず、
できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、
空の広い範囲に注意を向けてみることがポイントです(^^)

空をより広く見渡しているほうが
より多くの流星を捉えられる可能性が高くなります。

特に今年は、ふたご座流星群の放射点のすぐ近くに
月があるので、月を直接見ないように気を付けましょう。

 

ふたご座流星群の観察ポイントはこちら!

街明かりの影響が少ない場所
暗闇に目が慣れるためにも最低15分間は観察を続けること
レジャーシートを敷いて地面に寝転ぶなどすると、楽に観察できる
肉眼での観察がおすすめ
寒さ対策をしっかり行うこと

 

流星の光は、街灯の明かりなどに比べるととても
弱いので人工の明かりが多いと、その明るさに邪魔
されて見ることのできる流星の数が少なくなってしまいます。

また観察するときは、望遠鏡や双眼鏡などの道具を
使うのではなく肉眼での観察がおすすめです!
望遠鏡や双眼鏡を使用すると、見ることのできる
範囲が狭くなるため、かえって観察しづらくなってしまいます。

 

私も試しに、双眼鏡を使って流星群の観察を
してみたのですが、
「あれ?流星群どこだろ?」
とピント調整に手間取って流星群の光を
見失い、結果肉眼で観察してはっきりと
流星群を見ることができました(^^)

 

街明りの少ない郊外や夜景が綺麗に見えるような
山に近いスポットとかで観察すると、
よりふたご座流星群の輝きを楽しめそうですね♬

「家の近くで見れたらいいな~」
なんて思う私にとって、どこでも見れるというのは
とても嬉しいポイントです!笑

夏のペルセウス座流星群の時は家の近くで、
いろんな角度でずっと空を眺めていたら
キラキラ輝くペルセウス座流星群を見ることが
できて感激しました~(*´ω`*)
そして、家の近くでも流星群の観察ができる
という確信も持てました!笑

 

スポンサードリンク

ふたご座流星群の時間帯は?

国立天文台(NAOJ)の予想をみてみると

ふたご座にある放射点は、ほぼ一晩中夜空で見えて
いるので、夕方から明け方まで流れ星を見るチャンスがあります。
ただし、夕方の早い時間帯は放射点が低いので
午後9時頃からが好条件となるそうです!

 

ふたご座流星群の観察におすすめな12月13日~15日
のいずれの夜も、20時頃から流星が現れ始め、
本格的な出現は22時頃から、真夜中を過ぎた頃に
流星の数が最も多くなり、5時頃まで出現が続くでしょう。

 

特に深夜の2時頃には、放射点がほぼ天頂に位置する
ため、流れ星が真上から降ってくるように見られるそうです!

 

 

観測時の天気は?

ふたご座流星群を観察する時には
その時間帯の天気も気になりますよね!

12月の天気予報を調べてみると、
*12月13日(金) ⇒ 晴れ
*12月14日(土) ⇒ 晴れ
*12月15日(日) ⇒ 雨

12月15日(日)に日付が変わる頃から15日の明け方
にかけてがおすすめな観測の時間帯とされている
ので、”晴れ”という天気予報はとても観測しやすい
のではないかと思います!

 

これは夜が楽しみですね(´∀`)
この時期にしか見ることが出来ない
ふたご座流星群は是非見たいですよね~

ただ、めちゃくちゃ寒い時期の流星群観察なので
暖かい服装で防寒対策をしっかりとして
夜空にキラッと輝く貴重な流れ星を探してみてくださいね♬

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
12月の冬の流星群
『ふたご座流星群』の
・観測時期
・観測の方角
・観測の時間帯
・広島県の天気
についてまとめてみました!!

2019年、令和になって初めてのふたご座流星群
めっちゃ楽しみですね(*´ω`*)
みなさんで流れ星にお願いごとしましょう♡

最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサードリンク

コメント